宮古島サマーパーティーは皆様を親切・丁寧に海へご案内します。

宮古島ダイビングショップ|サマーパーティー

0980-79-5360 お問合せ

BLOG BLOG

アクセサリー向け?

2016.01.08

本日は下地島方面へ。

シトシト冷たい雨が降る中での調査作業となりました。

作業風景。。。

1m × 1mの方形枠を作り、定点観察の記録も取っています。

普段潜るダイビングポイントではありませんが、リーフの上にびっしり卓状ミドリイシの群生!!

サイズは小さいですが、元気モリモリ育っています♪

ここ数年で急成長を見せているポイントです。

グルクンもわんさか群れていました^^

最後はポイント「トロピケーブ」のリーフをチェック。

こちらのイソバナは調査終了後に撮りに行きました。

潮当たりが良い場所に多く生息するイソバナ。

光をあてると深紅に彩られた姿が露に。

根本の固い部分などは、アクセサリーなんかにも使われたりするサンゴです。

宮古島 アオサンゴ

こちらも同じく「トロピケーブ」に多く生息するアオサンゴ。

このポイントは、他の場所よりもアオサンゴが多いのが特徴です。

見た目は青くありませんが、サンゴの骨格である部分が青いんです。

だから青珊瑚。

こちらもアクセサリーの原材料に使われたりしますね♪

なにやら「サンゴ=産後」の語呂合わせから、妊娠・出産・産後のお守りにも良いそうです。

であれば、サンゴを使った物は全てそうなるのか?😅

宮古島 アオサンゴ

少し形の違ったアオサンゴ。

同じ種類でも、形状が異なるサンゴも多数存在しますよ〜^^

 

今日も母なる海に感謝を…

naoto

サンゴに優しく

2016.01.07

北風が強い本日は、南海岸へサンゴ調査。

風は強いですが、時折太陽が顔をのぞかせるお天気。

しかし、いよいよ寒くなり、ようやく?宮古島も冬らしいお天気になってきたなぁ〜という感じ。

今までが暖か過ぎたんでしょうが。。

外気は寒くなったとは言え、未だに水温は25℃をキープ。

今年の冬はもうこれ以上水温下がらないのか〜??

暖冬・・恐るべし。

 

さて、連日サンゴ調査を行っているので、本日もサンゴのお話を少し。

みなさんはサンゴ礁と聞いて、思い浮かべるものはどんな形でしょうか?

多くの方は卓状(テーブル状)や枝状の一般的にミドリイシと呼ばれているものを思い浮かべるでしょうか。

それ以外に思い浮かんだ方は、日頃から良くサンゴを見ているダイバーと言えるかもしれませんね^^

サンゴとひと言に言っても、様々な形のものが存在するんです。

卓状や枝状のミドリイシが群生している光景はやはり南の海を象徴とする光景ですが、

その他にもまぁるい形をしたものや、平べったり形をしているもの、キャベツのような葉っぱの形をしているものまで存在するんです。

上の写真を見ていただくと、中央部分に”緑の地図”のような形になった部分がありますよね?

もちろんこれもサンゴです。

この写真は地面に対して真上から撮影しています。

立体的ではなく、地面をべったりと覆うように成長するサンゴ。

形状としては被覆状と呼んでいます。

このサンゴはコモンサンゴという種類になりますが、

このように一見地面と同じように見える場所にも、そこにはサンゴが生息していたりします。

地形ポイントが多く点在する伊良部島・下地島周辺にも、このようなサンゴは多く存在します。

どちらかというと、卓状や枝状のサンゴがたくさん群生している場所よりも、地形ポイント周辺の岩盤で良く見られるサンゴです。

そしてそこで潜るダイバーがこのサンゴに気づかずに、着底してしまったり、フィンキックで蹴ってしまったりという事が起こっているのも事実です。

だからと言って、それを僕たちインストラクターが厳しく注意して怒るような事はまぁないと思いますが、
(僕に限ってかも?・・個人的見解です^^;)

海外では、サンゴの上に乗ったり蹴ったり傷つけてしまうとすごく怒られる所もあるという話も聞いた事があります。

それだけ現地のスタッフ達がサンゴ礁を、海を護ろうという意識が高いという事なんだと思います。

なのでこの記事を呼んでくれた皆さんも、今までサンゴに全く興味のなかった方も、

これから潜る時には、少しでいいのでサンゴを気遣って潜ってくれたらいいなぁ、と思うんです。

僕たちダイバーは海中世界への訪問者なんですから。

そこにある環境をできる限り変える事無く、少しだけ覗かせてもらうという気持ちで潜りたいものですね。

サンゴに、海に優しいダイバーになりましょう♪♪

 

と言うのが、今日言いたかった事であります!!

ふぅ、、ここまで来るのに長かったな・・笑

なかなか話をまとめる事ができず、すみません^^;

僕の下手な文章ですが、少しでも伝わってこれから潜る時に気にかけてもらえれば本望です😊

この日の最後は、ポイント「ロブスターホール」のリーフで調査でした。

久々のポイントだったので、最後にちょびっと穴の中へ。

ちょうど太陽の光が入ってくれて、キレイな光のシャワーを見ることが出来ました✨

水底の砂紋もきれいなポイントです。

なかなか行く機会が少ない南海岸。

その中でも海況が良くないとなかなか潜れないこちらのポイント。

もし潜る事ができたらすっごくラッキーかも⁉️ウフ♥️

 

今日も母なる海に感謝を…

naoto

 

 

出会った生物達

2016.01.06

 

本日は下地島方面へ。

晴れたり曇ったり雨が降ったり、不安定な天気が続きます。

 

今日はサンゴ調査中に出会った生物をご紹介。

大物生物も、出ないかな〜出ないかな〜と期待しながら、たまに沖の方をぼーっと眺めてみたりするのですが、

カメ一匹も出ず。。。

マンタもこの冬はまだまともに会えていません。

マンタ見たいぞー!!

 

 

 

 

ウミウシ2匹のコラボ。

たまたま近くに居て、ミノウミウシがモザイクウミウシの背中を乗り越えていきました。

決してやらせ写真ではありません^^;

こういう時、ウミウシ同士で

「お前邪魔なんだよ、どけよ!」

「お前が避けろよ、俺はこの場所がお気に入りなんだよ!」

なんてやり取り・・ある訳ないか〜〜〜

 

久しぶりに見た気がする?モンツキカエルウオ。

数は多くないですが、探せばあちこちで見つける事ができます。

愛くるしいその顔と、ぺこぺことお辞儀をする姿がキュンキュンしちゃいます♥️

このお辞儀、本当は威嚇の為にしているという説もあります。

真意は定かではありませんが、ダイバーにとっては可愛い姿を見られればそれでOKです(笑)

 

こちらはサンゴの隙間で見え隠れする、カスリフサカサゴ。

基本隠れているため、あまり目にする機会は少ないかもしれません。

こうしてサンゴの隙間に隠れている生物もたくさんいるので、じっくり地面に張り付いて観察してみるのもオススメです^^

 

今日も母なる海に感謝を…

naoto

ウユニ塩湖?

2016.01.05

新年2発目!!

朝からこんなに美しい景色を拝む事ができました♪♪

特別な場所ではありません

いつも出港している、いつも通りの港でございます。

風が全くの無風状態。

水面が鏡になるほどのパーフェクトなベタ凪。

まさに宮古島のウユニ塩湖!?

 

朝のごくわずかな時間でしたが、素晴らしい光景が見れて幸せな気分でした^^♪

 

出港後もしばらくきれいな青空とベタ凪は続き、

ふと伊良部島の方へ目をやると、そこには大きく弧を描いたレインボー!!

今日は朝からキレイな景色が続きますね>▽<✨

 

好調のスタートを切った本日のサンゴ調査。

帰る頃には雨が降り出すお天気になってしまいましたが。。

行き先は昨日に引き続き八重干瀬のポイントへ。

本日調査を行ったポイントはどこもサンゴがきれいなポイント。

僕も初めて潜るポイントばかりでとても新鮮でした^^

写真がないのが残念ですが・・・

やっぱブログ用に自分のカメラも持って行かないとな〜^^;

 

という訳で、明日からも調査調査の日々です。

きれいな写真が撮れたら、撮れなくても?またアップしますね〜♪

お楽しみに☆

 

今日も母なる海に感謝を…

naoto

サンゴ調査で初潜り

2016.01.04

本日から新年のお仕事スタート!

お客様のご案内ではなく、毎年行っているマリンリゾート協同組合の事業である「サンゴ被度調査」でございます。

 

暖冬のこの冬、水温は未だに25℃以上。。

ウェットスーツのワンピースでも快適に潜れています♪

僕たちにとっては嬉しいけど、いいんだか悪いんだか・・・

 

今年一発目の本日は八重干瀬まで遠征!

サンゴ被度調査は宮古島全域の海を調査しております。

ポイントが分かる人には分かるかな、ハナダイアーチ〜プロビデンス付近3ヶ所を調査。

ハナダイアーチにはアカネハナゴイやキンギョハナダイが乱舞していて綺麗でしたよ〜✨

 

直径数センチのちびサンゴもチェックしていきます。

このようなサンゴが数年後、数十年後に美しい海を造り出すんです!

 

やっぱりダイバーなので、いろんな生物にも反応しちゃいますよね。

今日は岩陰に隠れたヒメゴンベ。

追いかけるとちょこちょこ逃げやすいコですが、うまく追い込めばナイスなアングルで撮影する事も容易です♪

目のグリーンをきれいに出す為には、少し斜め上からカメラを構えるのがポイントですよ^^

 

今日も母なる海に感謝を…

naoto

Top