宮古島サマーパーティーは皆様を親切・丁寧に海へご案内します。

宮古島ダイビングショップ|サマーパーティー

0980-79-5360 お問合せ

BLOG BLOG

マンタ6枚とスイミング

2016.01.15

【今日の宮古島ダイビング情報】

■天候:☁️☁️☔️
■気温:19℃
■水温:25℃
■風向き:東
■波高:1,5m
■透明度:25m
■ポイント1:デベソ
■ポイント2:池間島西側
■ポイント3:西平安名崎近く

いきなり登場!!

ババババーン!!

ついに出ました、憧れのマンタ様✨

 

サンゴ調査に出かけた池間島方面の水面で6枚のマンタ様とスイムしてきました♥️

はぁ〜♪夢のようなひと時…

浮遊する大量のプランクトンを食べるのに夢中だった為、ずーっと近くで泳いでくれました^^♪

時間にして十数分だったと思いますが、6枚に囲まれた時はテンションブッチギレ😆

もうどこを見てをいいのか分からず、目が回りそうでした💦(笑)

ポイント移動中に船上からまず一枚のマンタの影を発見。

しばらく様子を見て、よしこれなら泳げそう!と確信してからの入水。

初めはなかなか寄らせてくれなかったんですが、次第にプランクトンが大量に溜まっているエリアに突入。

そして気づけばあっちにもこっちにもマンタ!マンタ!!、という感じでした✌️

マンタは食事に夢中な為、この付近を行ったり来たり。

真正面から大口を開けて向かって来たー!!

もうぶつかるんじゃないか!?という所まで大接近した所で、ふわっと華麗に巨体を翻しぶつかるのを回避します。

この巨体、このフォルム、魚類でありますが魚とはかけ離れたその姿に圧倒されっぱなしのマンタスイムでした。

似たような写真ばかりになっちゃいますが、出し惜しみはしません😁

贅沢を言うなら、もっとドアップで口の中が丸見えなくらいの真正面顔の写真が撮りたかった!!

あともうちょっと、、という所でひょいっとかわされてしまうんです。。。

これでラスト!!

マンタ様2枚写っているの分かります??

僕だけが夢のひと時を味わわせてもらいましたが、本来ならゲスト様にこれを見せてあげたかった😫

この迫力を、感動を、興奮を味わってもらいたい!!

チャンスある時は、出来る限り狙っていきましょう!!

 

宮古島のマンタシーズンは冬になります。

12月頃〜3月頃まで見られます。

今は冬期休業中ですが、3月からは営業スタートします!

マンタの見られるシーズンに、皆さん潜りにいらしてくださいね😄

この興奮を一緒に共有しましょう!

 

今日も母なる海に感謝を…

naoto

今年の抱負?

2016.01.11

トロピケーブ 光のカーテン

♪ちょうど一年前に〜

♪潜りに来てくれたゲスト〜

♪昨日のことのように〜 今はっきりと想い出す〜

「〜ロード -THE 虎舞竜-」の歌にのせて

 

写真は昨年の1月11日撮影

それからちょうど一年後の今日は雨が降る天気です宮古島☔️

今日のトロピケーブには光は射さなかったかもな〜

 

なぜこんな事を言うのか?笑💦

 

ちょうど一年前の今日、サマーパーティーに初めて潜りに来てくれたゲスト様からメッセージと写真が届いたからなんです。

『昨年の1.11は初ナオト初トロピ。あの味・あの光 忘れられな~い。』

こんなコメントと共に、自身撮影のトロピケーブとナオトの手作りランチの写真。

この1月の来店を皮切りに、昨年はたくさん宮古島へ潜りに来ていただいたゲスト様です。

すっかり宮古島の海の虜になってしまわれたようなんです😁

日々宮古島の海をフィールドに潜り続けている僕にとっては、それはとても嬉しいこと♥️

そしてまたこの光を見に行きたいと思ってくれている上に、このようにメッセージまで届けてくださるなんて。

そのお気持ちがさらに嬉しいじゃないですか😂

そして「その期待にしっかり応えなきゃな!!」とも感じております❗️

皆さんのご期待・ご要望にお応えできる、ダイビングガイド、ネイチャーガイドを目指して。

僕が愛する宮古島の海で潜って何かを感じてもらう事、そのお手伝いをさせてもらう事、

そして未だ宮古島の海を知らない人達にその魅力を伝える事、

それが僕の使命でありますから❗️

 

日本各地で新成人が社会人としての抱負を語る中、

なんか今日は『ナオトの今年の抱負』みたいなブログになっちゃいましたが・・😅
(決して便乗した訳ではありません。。笑)

日々その想いを胸にゲスト様をご案内しております。

そんなナオトをこれからも応援よろしくお願い致します🙇

 

今日も母なる海に感謝を…

naoto

 

アクセサリー向け?

2016.01.08

本日は下地島方面へ。

シトシト冷たい雨が降る中での調査作業となりました。

作業風景。。。

1m × 1mの方形枠を作り、定点観察の記録も取っています。

普段潜るダイビングポイントではありませんが、リーフの上にびっしり卓状ミドリイシの群生!!

サイズは小さいですが、元気モリモリ育っています♪

ここ数年で急成長を見せているポイントです。

グルクンもわんさか群れていました^^

最後はポイント「トロピケーブ」のリーフをチェック。

こちらのイソバナは調査終了後に撮りに行きました。

潮当たりが良い場所に多く生息するイソバナ。

光をあてると深紅に彩られた姿が露に。

根本の固い部分などは、アクセサリーなんかにも使われたりするサンゴです。

宮古島 アオサンゴ

こちらも同じく「トロピケーブ」に多く生息するアオサンゴ。

このポイントは、他の場所よりもアオサンゴが多いのが特徴です。

見た目は青くありませんが、サンゴの骨格である部分が青いんです。

だから青珊瑚。

こちらもアクセサリーの原材料に使われたりしますね♪

なにやら「サンゴ=産後」の語呂合わせから、妊娠・出産・産後のお守りにも良いそうです。

であれば、サンゴを使った物は全てそうなるのか?😅

宮古島 アオサンゴ

少し形の違ったアオサンゴ。

同じ種類でも、形状が異なるサンゴも多数存在しますよ〜^^

 

今日も母なる海に感謝を…

naoto

サンゴに優しく

2016.01.07

北風が強い本日は、南海岸へサンゴ調査。

風は強いですが、時折太陽が顔をのぞかせるお天気。

しかし、いよいよ寒くなり、ようやく?宮古島も冬らしいお天気になってきたなぁ〜という感じ。

今までが暖か過ぎたんでしょうが。。

外気は寒くなったとは言え、未だに水温は25℃をキープ。

今年の冬はもうこれ以上水温下がらないのか〜??

暖冬・・恐るべし。

 

さて、連日サンゴ調査を行っているので、本日もサンゴのお話を少し。

みなさんはサンゴ礁と聞いて、思い浮かべるものはどんな形でしょうか?

多くの方は卓状(テーブル状)や枝状の一般的にミドリイシと呼ばれているものを思い浮かべるでしょうか。

それ以外に思い浮かんだ方は、日頃から良くサンゴを見ているダイバーと言えるかもしれませんね^^

サンゴとひと言に言っても、様々な形のものが存在するんです。

卓状や枝状のミドリイシが群生している光景はやはり南の海を象徴とする光景ですが、

その他にもまぁるい形をしたものや、平べったり形をしているもの、キャベツのような葉っぱの形をしているものまで存在するんです。

上の写真を見ていただくと、中央部分に”緑の地図”のような形になった部分がありますよね?

もちろんこれもサンゴです。

この写真は地面に対して真上から撮影しています。

立体的ではなく、地面をべったりと覆うように成長するサンゴ。

形状としては被覆状と呼んでいます。

このサンゴはコモンサンゴという種類になりますが、

このように一見地面と同じように見える場所にも、そこにはサンゴが生息していたりします。

地形ポイントが多く点在する伊良部島・下地島周辺にも、このようなサンゴは多く存在します。

どちらかというと、卓状や枝状のサンゴがたくさん群生している場所よりも、地形ポイント周辺の岩盤で良く見られるサンゴです。

そしてそこで潜るダイバーがこのサンゴに気づかずに、着底してしまったり、フィンキックで蹴ってしまったりという事が起こっているのも事実です。

だからと言って、それを僕たちインストラクターが厳しく注意して怒るような事はまぁないと思いますが、
(僕に限ってかも?・・個人的見解です^^;)

海外では、サンゴの上に乗ったり蹴ったり傷つけてしまうとすごく怒られる所もあるという話も聞いた事があります。

それだけ現地のスタッフ達がサンゴ礁を、海を護ろうという意識が高いという事なんだと思います。

なのでこの記事を呼んでくれた皆さんも、今までサンゴに全く興味のなかった方も、

これから潜る時には、少しでいいのでサンゴを気遣って潜ってくれたらいいなぁ、と思うんです。

僕たちダイバーは海中世界への訪問者なんですから。

そこにある環境をできる限り変える事無く、少しだけ覗かせてもらうという気持ちで潜りたいものですね。

サンゴに、海に優しいダイバーになりましょう♪♪

 

と言うのが、今日言いたかった事であります!!

ふぅ、、ここまで来るのに長かったな・・笑

なかなか話をまとめる事ができず、すみません^^;

僕の下手な文章ですが、少しでも伝わってこれから潜る時に気にかけてもらえれば本望です😊

この日の最後は、ポイント「ロブスターホール」のリーフで調査でした。

久々のポイントだったので、最後にちょびっと穴の中へ。

ちょうど太陽の光が入ってくれて、キレイな光のシャワーを見ることが出来ました✨

水底の砂紋もきれいなポイントです。

なかなか行く機会が少ない南海岸。

その中でも海況が良くないとなかなか潜れないこちらのポイント。

もし潜る事ができたらすっごくラッキーかも⁉️ウフ♥️

 

今日も母なる海に感謝を…

naoto

 

 

出会った生物達

2016.01.06

 

本日は下地島方面へ。

晴れたり曇ったり雨が降ったり、不安定な天気が続きます。

 

今日はサンゴ調査中に出会った生物をご紹介。

大物生物も、出ないかな〜出ないかな〜と期待しながら、たまに沖の方をぼーっと眺めてみたりするのですが、

カメ一匹も出ず。。。

マンタもこの冬はまだまともに会えていません。

マンタ見たいぞー!!

 

 

 

 

ウミウシ2匹のコラボ。

たまたま近くに居て、ミノウミウシがモザイクウミウシの背中を乗り越えていきました。

決してやらせ写真ではありません^^;

こういう時、ウミウシ同士で

「お前邪魔なんだよ、どけよ!」

「お前が避けろよ、俺はこの場所がお気に入りなんだよ!」

なんてやり取り・・ある訳ないか〜〜〜

 

久しぶりに見た気がする?モンツキカエルウオ。

数は多くないですが、探せばあちこちで見つける事ができます。

愛くるしいその顔と、ぺこぺことお辞儀をする姿がキュンキュンしちゃいます♥️

このお辞儀、本当は威嚇の為にしているという説もあります。

真意は定かではありませんが、ダイバーにとっては可愛い姿を見られればそれでOKです(笑)

 

こちらはサンゴの隙間で見え隠れする、カスリフサカサゴ。

基本隠れているため、あまり目にする機会は少ないかもしれません。

こうしてサンゴの隙間に隠れている生物もたくさんいるので、じっくり地面に張り付いて観察してみるのもオススメです^^

 

今日も母なる海に感謝を…

naoto

Top