宮古島サマーパーティーは皆様を親切・丁寧に海へご案内します。

宮古島ダイビングショップ|サマーパーティー

0980-79-5360 お問合せ

海中清掃~ダイバーと釣り人が共存できるように~2014.04.17

【今日の宮古島ダイビング情報】

■天候:晴れ
■気温:26℃
■水温:22℃
■風向き:南
■波高:1,5m
■透明度:30m
■ポイント1:白鳥崎
■ポイント2:白鳥崎

宮古島の一大イベント「トライアスロン大会」を3日後に控え、

国内外から、続々とストロングマンになるであろうアスリートたちが来島している模様です。

そのせいか、宮古島が重くなっている!?らしい・・・!!

沈没するかも・・です(笑)

 

でも確かに、一年で一番島に人が集まる時期かもしれませんね〜

 

はい、そんな本日はサマーパーティーが加盟する宮古島マリンリゾート協同組合のお仕事で海中清掃へ。

主に釣り人がよく釣りをしているポイントで、海中に絡まった釣り糸なんかが目立つポイントでの作業。

それが今回は、伊良部島の白鳥崎。

ちょうど夏のレーザービームが見られる白鳥ホールの周りです。

 

釣り人の皆さん、地球を釣ろうとして断念し、糸が切れてしまったのでしょう。

たっくさ〜んの釣り糸が海底の岩やサンゴなんかに絡み付いています。

 

回収した釣り糸 回収した重り

今日だけでバケツいっぱいの釣り糸や重りを回収。

でもまだまだたくさん残っています。

 

釣り人に釣りをするなとは言いません。

根がかりして仕方なく糸を切ってしまうのも分かります。

僕もそうなったら、きっと同じ事をするでしょう。

ただ、そうする事で海中はこのような状態になっている事を認識してほしいです。

サンゴに絡み付いた釣り糸は自然と取れる訳は無く、

次第にサンゴにダメージを負わせ、死んでしまう原因にもなります。

それは生物にも同じ事が言えるでしょう。

海底に絡まった糸に魚が絡まってしまう事はそう多くはないと思いますが、

その可能性もなくはないと思います。

 

ダイビングもフィッシングも、同じこの海をフィールドとして楽しむレジャーですから

お互いが快適に楽しむ事のできる、そんな環境作りができたら素敵だと思いませんか?

 

今は、根がかりしてしまった時の為に、水中に残る釣り糸を最小限にするラインカッターなる物や

2年くらいかけて自然と溶ける釣り糸なんかもあるみたいです。

 

いつの日か、僕たちがこのように海中清掃を行わなくてもいいような

そんな日が来る事を願ってやみません。

 

みんなが笑顔で楽しめる海を、いつまでも美しい宮古島の海を残していきましょう!

 

6月の白鳥ホール

最後にすぐ目の前にある、夏の大人気ポイント「白鳥ホール」の中をちらっと覗き見。

今日はカメラ無しだったので、これは昨年6月30日に撮影した写真です。

ここまでの光の強さはさすがに無かったですが、それでも十分見応えのある二筋のレーザービームが突き刺さっていましたよ!

時期・時間帯によって、この光の筋がいろいろな表情を見せてくれるので、

いつ行っても、飽きる事がありません。

でもやっぱり一番感動するのは、6月の太陽が一番高い時期かもしれませんね〜

 

こんな景色を一緒に見に行ってくれる方、大募集中です♪♪

 

今日も母なる海に感謝を…

naoto

 

 

One Comment on "海中清掃~ダイバーと釣り人が共存できるように~"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top