宮古島サマーパーティーは皆様を親切・丁寧に海へご案内します。

宮古島ダイビングショップ|サマーパーティー

0980-79-5360 お問合せ

恋の季節2014.04.11

【今日の宮古島ダイビング情報】

■天候:晴れ
■気温:24℃
■水温:21~22℃
■風向き:東〜南東
■波高:1,5m
■透明度:20~25m
■ポイント1:魔王の宮殿
■ポイント2:本ドロップ
■ポイント3:マリンレイク

ロウニンアジ

 

「春は恋の季節」なんて事は、良く言いますね。

小学校へ入学したばかりの頃、初めて座る教室の机で

隣同士になった女の子にドキドキしたのを今でも覚えています、ナオトです。

しかも名前まで(笑)

みなさんもそんな淡い思い出ありませんか?

 

春の海では、魚達も繁殖の時期を迎えるようで、

あちこちで繁殖行動や、その成果であろう卵や幼魚たちを多く見かけます。

 

冒頭のいかつい顔をしたGTとも呼ばれるロウニンアジもまた例外ではありません。

下地島のポイントで、ドロップオフに常駐している彼らですが、

この時期ばかりはいつもと様子が違うんです。

 

このポイントを潜った事がある方は分かると思うのですが、

ダイバー一人がやっと通ることのできるほどの細い亀裂に

何匹ものGTが戯れるようにして、グルグル回っている様子が見られます。

これが彼らの繁殖行動だとも言われている光景であり

これがまた僕たちの目の前で繰り広げられる訳ですから、そりゃもう迫力満点!

しかも僕たちダイバーの事なんて、全く気にしていません!

そう、まさに可愛いあの子しか目に入ってないんです!!

僕にもそんな経験あったな〜

 

ナオトが先頭を泳いでいるその先に、冒頭写真のGTが佇んでいたのですが、

このコがまた全く動かない!

その間5分は有に経過していたと思われます。

よく見ると、ホンソメワケベラというクリーニングフィッシュに体をお掃除されている途中だったのですが、

それにしても警戒心なさ過ぎ!

ようやく動き出したと思えば、まっすぐこちらに向かって来て、僕たちのすぐギリギリをゆっくりと通過。

ほんと、手が届くんじゃないかと思い、思わずのばした指先でなんとGTの胴体をスゥーッと触れてしまった。

ワォ!!ほんとに触れるとは思ってもいなかったので、恥ずかしながら少し興奮してしまいました!!^^;;

こんなにも警戒心がない彼らも、この時期ならではなのでしょうか。

生物によって繁殖期には、逆に警戒心を増す者もいますが。

 

とにかく、今の時期の本ドロップは面白い。

いつも見ている魚が、普段見せる事のない生態を見せてくれるので、

こんなに興味深いものはありません。

 

 

▼今日の海の様子一覧▼

※写真クリックで大きい画像になります

魔王 マリンレイク マリンレイク マリンレイク

ネムリブカ ベニゴマリュウグウウミウシ オトヒメウミウシ クマノミ卵

 

今日も母なる海に感謝を…

naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top